岩崎被告 冨田真由さん 女子大生刺傷事件の壮絶な初公判まとめ「犯人は死んでほしい」

岩崎被告の供述 「拒絶されて絶望した」 昨年5月21日の犯行時に「なぜ刺したのか」と聞かれ、「冨田さんが電話をかけていて、自分と話しませんという拒絶の態度をされたから。絶望や悲しみ、いろんな感情から」と説明した。1週間前に凶器のナイフを購入したことについては「精神的な支え。お守り代わりだった。映画で…