読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ループインフォール

TV 映画 エンタメ 芸能 などのお役立ち情報を届けるサイト

【モアナの声優】屋比久知奈さんって何者?「モアナ」でデビュー きっかけは?

「モアナと伝説の海」のモアナ役の声優を務める屋比久知奈さん。

若いのに歌が上手すぎますよね。一体彼女は何者なのか・・・調べてみました。

プロフィール

f:id:mcr7760:20170227221745j:plain

名前:屋比久知奈(やびく ともな)

生年月日:199466

出身地:沖縄県

身長:153cm

体重:40kg

学歴:琉球大学法文学部国際言語文化学科英語文化専攻4年(20173月卒業予定)

特技:英会話・クラシックバレエ

趣味:読書

 

公の場に出るようになったのはいつ頃から?

屋比久知奈さんは2015年ごろから大学内外で舞台活動をしていたそうです。

幼い頃からクラシックバレエを習っていたそうなので、もともと「ステージの上に立って何かを表現する」ということが好きなのかもしれませんね。

 

モアナ役に選ばれた決め手は?

f:id:mcr7760:20170227221810j:plain

認知されるようになったのは「集まれ!ミュージカルのど自慢」という、応募総数2000組以上の大規模な大会。

屋比久知奈さんが歌ったのは、ミュージカル「ミス・サイゴン」の「命をあげよう」という曲で、大会の最優秀賞に輝いています。

その素晴らしい歌声は、審査員の森久美子さんが感動のあまり涙を流すほど。

 

それを見ていたビクターミュージックアーツのプロデューサーが「ダイヤモンドの原石だ」と感じ、すぐさま同じ客席にいた社長へ相談。

即日スカウトしたそうです。

 

また、ディズニーの担当者はこう話しています

“モアナ”はただヒロインというだけでなく、冒険を通して成長し、体現する演技力、16歳のフレッシュさ、さらに心情を伝えられる歌唱力も必要という非常に難しい役です。

ディズニーヒロイン史上最高規模のオーディションとなったモアナ探しですが、日本のモアナと呼べる人こそ“屋比久知奈”さんでした

 

屋比久知奈さんへのインタビューまとめ

合格の通知を受けた時

人生で一番驚いた。テレビで予告を見て家族と『(モアナを)見に行こうね』と話していたので。

台本をもらってからも信じられなくて、何日か『夢かな。夢じゃない』っていうのを繰り返した。

声優のお仕事について

表現が声だけだと本当に難しかった

モアナについて

私もモアナも海に囲まれた島で暮らしているので共感できる。

最初に台本を読んだ時は強い女性というイメージがあった。

何度も読み返すと不安や迷い、人間らしい部分が見えて、より共感できた

印象に残るセリフ

「私はモトゥヌイ(村)のモアナ」

劇中で何度も出てくるセリフで、モアナの成長が見えればいいと思ったと話しています。

予告編に使われている曲について

海へ冒険にこぎ出す時もこの歌で、それだけの思いが歌われている。

メロディーも歌詞もモアナをよく表している。

言葉を一つ一つ丁寧に話すように、モアナの気持ちを表現できるように歌った。

多くの人に聞いて、歌ってほしい。

大学卒業後は?

ミュージカル女優を目標にやっていきたい。

見てくれる人に何かを届けられるような表現者になりたい。

沖縄でミュージカルが根付くことに貢献できたらいい。

日本のミュージカルが沖縄に来て、沖縄発信のミュージカルもできたら面白い。

その時は私も出たい。

 

と、沖縄への地元愛も感じますね!

表現者として才能の塊のような人だと思うので、これからも頑張ってほしいです。

 

関連商品

モアナと伝説の海 オリジナルサウンドトラック(日本語版)

モアナと伝説の海のサントラです。

屋比久知奈さんの歌声が収録されているのはこちらですね。

発売日は2017年の3月1日となっています。

モアナと伝説の海 オリジナルサウンドトラック(英語版)

英語版は日本語版よりも早く発売されています。

在庫を確認したところ、アマゾンは残りわずかで楽天はまだ余裕があるようです。